横綱まで駆け上がれ!期待の関脇・正代

どうもこんにちは、寿司です。


今回は、2017年初場所で、ぜひ注目して観てほしい力士、「正代」をご紹介します。

まず、大まかなプロフィールです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しこ名  正代(本名・正代直也)
生年月日 1991年11月5日(現在25歳)
出身   熊本県宇土市
体格   183cm、160kg
所属部屋 時津風部屋
得意技  右四つ、寄り
成績   序ノ口優勝 1回
      幕下優勝 1回
      十両優勝 1回
       敢闘賞 2回
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

正代関の初土俵は、2014年3月場所です。新入幕を果たしたのがちょうど1年前の2016年初場所でした。

わずか2年での新入幕は、相撲団体の名称が現在のものになった1958年以降に初土俵を迎えた中で、幕下付け出しの力士を除けば3位タイのスピード出世です。

2016年の戦績は以下の通りです。

初場所   10勝5敗 (番付:前頭12枚目)
3月場所   9勝6敗 (   前頭6枚目)
5月場所   6勝9敗 (   前頭2枚目)
7月場所   9勝6敗 (   前頭5枚目)
9月場所   7勝8敗 (   前頭2枚目)
11月場所 11勝4敗 (   前頭3枚目)


大きく勝ち越した11月場所は、大関・稀勢の里を破る大健闘。

5月場所、9月場所は負け越しはしたものの大きく崩れてはいません。
内容に関しても、大関・照ノ富士や、関脇・宝富士、小結・隠岐の海、栃煌山らを破る健闘を見せています。


現時点ですでに、上位陣に引けを取らない実力を備えていることは実証されてきています。

あとは3横綱をどう攻略していくか、それによって正代の今後は大きく左右すると思います。



2017年初場所、また1回り大きくなった正代関の取組から、目が離せませんね!!



それではまた。
ごきげんよう。

この記事へのコメント